だんだんと下降線

10日の午後からは何も食べてくれなくなり
私が焼いたパンを、さらにカリカリに焼いたものをあげたら
バクバク!!
これがハビ兄がくちから食べた最期になりました。

また下痢になってしまい、ブドウ糖とビタミン、水分を点滴しに獣医さんへ。

11日は夜中から朝方にも下痢とお腹の痛みを訴え始め
午後私が仕事から帰ると七転八倒しだしました。

発作のように繰り返しながら
痛みを訴えるので、かわいそうで辛くて
涙が止まらない。

夕方痛み止めの注射と点滴を受けました。

点滴を受けたハビは顔色もよくなるので
夜帰宅したパパには辛いことが伝わりません。

夜中、2時頃にはもう痛みか不快感が復活して、泣きながら身体をよじるハビ。
ずっと寄り添いながら、早くこの苦しみから解放してあげたいと思いました。
腎臓も肝臓も、一度数値が悪くなったもの、
もう持たない、ダメだろうと言われて治療中止したのに
改善しているわけがありません。

尿毒症は臓器を次々と不能にしていたようです。

12日、朝方 鳴きながらジタバタし続けるハビを見て
パパも延命治療はやめようと同意。
とにかく痛み?不快を取り除いて、栄養点滴は中止、水分のみを点滴してもらうことにしました。
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-05-11 21:25 | 症状・ハービー  

<< 最期の散歩、そして旅立ち 微妙・・・床ずれとタダレ >>