カテゴリ:道すじ( 1 )

 

最期の2週間 その2

最後の1日 11月3日
注射をしてもらうため病院に行き、そのまま秋ヶ瀬に散歩。
車の中も田圃道も、ずっと私が抱いていた。
こんなにサラを抱いていたことは赤ちゃんの時以来初めてかもしれない。
サラはマイペースで、抱っこされるのは好きだけど、気まぐれにプイっと降りたがるから。

サラが病気犬らしかったのはわずかにこの数日間だけ。
その間でさえ、点滴して3時間くらいするとちょっと元気になり、
毎日ちゃんと猫の監視をしに1階に下りて窓際から外を見つめたり、庭に出たがった。

いつものサラだった。

階段の上り下りをさせないように柵を閉めてもすり抜けていた。

秋ヶ瀬散歩はほんとに行けてよかったね。
サラがサラらしく草投げにこーふんする姿を見ることができたし、
疲れちゃって休んでていてもこんな風に穏やかな隠居生活ができるなら続いてほしいと願った。

c0141337_11374354.jpg


c0141337_11382759.jpg


c0141337_1139527.jpg


レイラが何よりうれしそうだった。
大好きなサラねーちゃんがそこにいて、
時々起きてワンワン吠えてるの聞いて、レイラのほうが大興奮してたもの。

午後は秋ヶ瀬散歩から帰ってから、ソファで私とパパの間にはさまり、
安心するように穏やかに眠っていて、
パパの誕生日祝いのケーキを見て嬉しそうに生クリームをなめた。
サラの誕生日ケーキも生クリームいっぱいにしたら食べてくれるかな? と考えた。
5日が誕生日だけど、もしも実現しなかったら嫌だったので、
前倒しで明日ケーキでお祝いしちゃおうか、なんてパパと話した。

More
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:05 | 道すじ