カテゴリ:考察( 7 )

 

老犬と過ごせる幸せ

ハビさん、一時はどうなることかと思いましたが
この1週間近く、徘徊時間も短く、粗相も減りました。

もちろん夕方散歩の後にも時間をみて
外に連れ出して、排泄させているのですが
やはり外ですることは分かっているようです。

家の中でも、あまりにぐるぐる歩き回るため
散歩しているときと同じ脳の状態になってしまうのでしょうかね。

また、徘徊が長かったのは
「てんかん」の症状と同じく、新月から三日月の頃が一番で
半月から満月に向かう、この1週間はいいような感じです。


ウンウンに関しては、散歩で出きらなかったと思えるときには
部屋のどこかにあるかも、と思っていれば対処もできます(笑)

ごはんも肝臓サポートと腎臓サポートを交互に、また
脂抜きした馬肉や酵素と胚芽米の食事を混ぜて
次回の検査でどんな数値になるのか、、、試行錯誤です。

最近はマッサージがお気に入りで
甘えてグリグリしてくる姿はいとおしく、
こうやって天寿をまっとうできたらどんなに幸せでしょうか。

つい先日も
サラたちの幼友達、シェルティーのウィリー君が
虹の橋を渡ったと、連絡がありました。
ハビより若い子が
こうして急に旅立ってしまうことを考えたら
よぼよぼになるまで一緒に暮らせることが
何よりも
幸せなことだと
日々痛感しています。

一日でも長く、みんな一緒にいたいね。
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-04-05 13:23 | 考察  

ステロイドの辞め方

順調に回復してきたハビさん。
まだまだふらつくけれど
筋力を低下させたくないので
ハーネスを首輪に変えて散歩し始めました。

私のリードに頼らず、けっこう頑張って歩いてます。

ただ、ウンウンで踏ん張ろうとして
思わず尻餅着いたときはあせったσ( ̄∇ ̄;)
ウンウンの上に・・・は避けたいもの(笑)

なのでウンウンの時だけはしっかりリードで支えてあげます。

薬は10日分しか貰ってないのであと2錠。
眼振もケイレンも収まっているので、
あとは手足の力は筋力と体力だし、首の傾きはまあ
徐々に治るんでないか、とタカをくくり。

ステロイドは長く服用すればするほど
辞めるのにも時間をかけなければならないので
このあたりで減らす方向にするつもり。

先生にも電話して確認したけれど、
少しでも急に辞めないほうがいいというので
残りと以前の残りの3錠を半分にして服用させてみる。

今回の発作は軽く済んだ気がするけれど
またすぐに再発することも考えられる。
でもこれまた対症療法でいくしかないみたい。

でもかわいい目のハビさんに戻ってきたよね^-^
[PR]

by herbiehancockjr | 2011-08-12 11:50 | 考察  

前庭障害(前庭疾患)について

昨年の秋、ハビさんが車を降りた瞬間にフラフラになり
何でもなさそうなのに急にヒックリ返り、、、

という症状でパニクリながら獣医さんに向かったのだが。

足腰に問題があると思って選んだH先生のところ。
眼振や四肢の震え、ケイレン等から脳の異常によるテンカンと疑い
脳神経を専門にしているT病院を紹介された。

そしてMRIを撮ってもわからず、4ヶ月の間、徘徊が収まらず、ステロイド治療していたことは既述済み。

今回はその後かかったS獣医によって薬が減らされ、元気も完全に回復して7月を過ごした。
しかし再発作。
今度は迷わずS獣医に行くと、、、

「前庭障害」だから仕方ないよ、と簡単に診断。

前庭障害、とは内耳にある三半規管などを含む部分の異常であり、
原因不明で起こすこの発作を「突発性前庭障害」と呼ぶようだ。

ネットで調べると以下のように載っている。

すんごい納得。そして前回より早く回復してきたハビさん。
なんでこんな当たり前のような診断を下さなかったのかなぁ。
見事に当てはまって、検査で除外していくと、この診断になりそうなものなのに。

まあ
テンカンがひどかったから仕方ないのかな。
脳神経に異常を引き起こす、にしても
持病でテンカンがあったから、どーしてもそちらから考えるものね。
 

More
[PR]

by herbiehancockjr | 2011-08-10 13:26 | 考察  

その後のハビさん

ハビ兄さん
1日4錠のフェノバール、半錠のステロイド剤摂取
→→→→
1日2錠のフェノバール、1日おき半錠のステロイド剤
→→→→
1日1錠のフェノバール、2日おき半錠のステロイド剤

となりました。
この間、なんと・・・

ハビさんとっても元気になってきました!!


ほんとに信じられないけど
動きがしっかりして
徘徊がものすごく減って
フードのより好みまではじまり ( ̄▽ ̄;)

走る姿も安定、サラレイを追いかける姿も。


アホアホだった散歩中も、私を意識して振り向いたり
なんていうか
すごくいい方向に進んでいる感じです。

これって
これまで悪かった歩行や徘徊が
薬が効きすぎて、副作用が出ていたってことなんでしょうか。
それとも治る時期がきた、ということなんでしょうか。

ともあれ薬の量をこのままゆっくり減らしていくことに
躊躇はありません。

このまま元気になーれ!!
[PR]

by herbiehancockjr | 2011-03-13 13:51 | 考察  

先生の見解

昨日までの2日間が気になったので
さくら病院に電話。

先生に投薬の指示を仰ぐ。


まずは薬をそのまま朝晩続けて、
それでも症状が現れたら液薬を飲ませること。

もろに新月・満月が関与しているのなら
潮の満干の時間によっても
発作の起きる時間がわかるかもしれないとのこと。
調べてみよう。

錠剤のほうでしか、発作そのものを抑えることはできない。
液薬は脳圧を下げるためのとんぷく。


このまま継続してやはり2週間、満月が終わるまで飲ませてみよう。
それでも悪化しているようなら
やはり脳のMRIを撮ったほうがいいとのこと。

ちゃんと薬を飲めば発作が起きなかった12月のように
飲み続けていけば
進行、しないかな。
しないでほしい。
c0141337_13553788.jpg

[PR]

by herbiehancockjr | 2008-03-08 13:55 | 考察  

薬をもらって

朝イチで獣医さんへ。


薬をもらって
先生の意見では
進行してくると満潮干潮以外でも
発作が起きることはあるとのこと。

満月をはさんでのことだから
一応理由はあるかもだけど
今回薬が効かなかったのは初めてなので
ひどくなってきたら
錠剤との併用を勧められた。


ハビの頭の中で何が進行してるんだろうか。
つらくないように過ごさせてあげたい。

薬 3590円
[PR]

by herbiehancockjr | 2008-02-23 18:24 | 考察  

ずばり新月ではないが

今回から「そのとき」だけ脳圧を下げる薬をもらって
昨日までなんの変化もなく落ち着いているハビ。

今日はアジ練でちょっとハイテンション。
家にかえって夕方散歩を催促する様子が
ちょっとハイテンションかなーーー


今まで病気だと思わなければ
別にどーってことない催促だけれど
このひと月、飛びつくこともなかったので
念のため薬を飲ませることに。
注射器で8ml
牛乳とまぜて飲ませた。

新月は昨日のはずだけど
今日、なのかなあ。

その後は落ち着いていて
先月のような
挙動不審は見られない。よしよし。
[PR]

by herbiehancockjr | 2007-12-13 19:03 | 考察