<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

最期の2週間 その3

11月4日
2時間程度うとうとしたのか、パパには起きてレイラの散歩に行ってもらう。
私はサラに寄り添って、ずっと顔を見ていた。

レイラのご飯をあげ、家事をして気を紛らわすけれど、
こみ上げてくるものに耐えられず、堰を切ったようにワーーっと泣き叫ぶ私。
波のように押し寄せる悲しい激情。
そのたびにサラの遺体に寄り添い、ふわふわの毛を触って気持ちをなだめる。
このまんまサラをここに置いておきたい。
こうしてずっと触っていたい。
そんなことは許されないけれど。

パパは何日置いてもいいよ、と言ってくれた。
もちろんキレイなサラのまま見送らなきゃいけない。
明日の昼前に火葬を頼んだ。

夕方、ぷちママがぷちとオスカーを連れ、ディスク大会の帰り道に寄ってくれた。
ぷっちゃんとサラは幼少のころからのお友達。
すごく仲良し、というのではないけれど、どこか似ている点がたくさんあって、
小さなころによく遊び、喧嘩もせず、いろんなところに一緒に行って競技に参加したものだ。

レイラはぷちママ一行に大歓迎、レイラなりに不安いろいろ感じているんだろう。
私たちもマイペースに動き回るぷちオスに大笑いさせられ、癒された。
お別れにきてくれてありがとうね。
サラは多分ぷっちゃんがとても好きだった。
こんな悲しい日にたくさん笑ったよ。


11月5日
昨夜はもうサラを仏間に置いて、レイラとベッドに入った。
そして朝いちばんで花を買いにいき、
火葬の時間までずっとサラを抱いていた。
死後硬直していた体はまたゆるんできて、ふんわりしたサラ。
抱っこしているとまた眠っているみたいに可愛い。

お別れのとき、サラを花で埋め、私が一番最初にサラに作った洋服、
大好きなピーピーボール、シャボン玉、おやつを入れた。
何日も食べてなかったから、道中すぐにも食べたかもね。
11時半、サラはハービーの待つ虹の橋に向かって駆け上っていった。
サラのことだから、寄り道してないかなぁ。ちゃんとみんなに会えたかなあ。

c0141337_1135547.jpg



サラ、何もできないママでごめんね、助けてあげられなくてごめんね。
でもせっかち過ぎたよ。ママは心の準備ができないままだったよ。
こんなママを信じて頑張り続けてくれてありがとう。

とても誇らしい娘だったよ。
たくさんの武勇伝もあるけれど、それもひっくるめて
すべてが愛おしい存在だったよ。

本当にたくさんの愛情をありがとう。
一日も早く生まれ変わって またママのところに会いに来てね。
一日も忘れずに待っているから。

------------------------------------
闘病が始まって以来、短い時間にたくさんの方に励ましのコメントやメール、
お電話でのアドバイスなどいただきました。
皆様から見たら間違いだらけのことをしていたかもしれません。
でもサラと私たちは精一杯戦いました。
色々なとこは悔やんでも悔やみきれないけれど、
その失敗も含めて、皆様がそんなことにならないように、書き残しました。
サラのおかげでたくさんの友人を得、
サラの思い出を持って一緒に悲しんでくださる皆様に感謝いたします。
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:07  

最期の2週間 その2

最後の1日 11月3日
注射をしてもらうため病院に行き、そのまま秋ヶ瀬に散歩。
車の中も田圃道も、ずっと私が抱いていた。
こんなにサラを抱いていたことは赤ちゃんの時以来初めてかもしれない。
サラはマイペースで、抱っこされるのは好きだけど、気まぐれにプイっと降りたがるから。

サラが病気犬らしかったのはわずかにこの数日間だけ。
その間でさえ、点滴して3時間くらいするとちょっと元気になり、
毎日ちゃんと猫の監視をしに1階に下りて窓際から外を見つめたり、庭に出たがった。

いつものサラだった。

階段の上り下りをさせないように柵を閉めてもすり抜けていた。

秋ヶ瀬散歩はほんとに行けてよかったね。
サラがサラらしく草投げにこーふんする姿を見ることができたし、
疲れちゃって休んでていてもこんな風に穏やかな隠居生活ができるなら続いてほしいと願った。

c0141337_11374354.jpg


c0141337_11382759.jpg


c0141337_1139527.jpg


レイラが何よりうれしそうだった。
大好きなサラねーちゃんがそこにいて、
時々起きてワンワン吠えてるの聞いて、レイラのほうが大興奮してたもの。

午後は秋ヶ瀬散歩から帰ってから、ソファで私とパパの間にはさまり、
安心するように穏やかに眠っていて、
パパの誕生日祝いのケーキを見て嬉しそうに生クリームをなめた。
サラの誕生日ケーキも生クリームいっぱいにしたら食べてくれるかな? と考えた。
5日が誕生日だけど、もしも実現しなかったら嫌だったので、
前倒しで明日ケーキでお祝いしちゃおうか、なんてパパと話した。

More
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:05 | 道すじ  

無我夢中の20日間、その中でも2週間

サラが急性腎不全になってから、こちらに適宜覚書を記してきましたが
心の整理のために
まとめて書いてみようと思います。

お暇なときに読んでください。

c0141337_11474110.jpg


More
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:00 | 病院  

11/3 のサラ

今日は午前中に獣医さんで注射。

心拍がやや弱っている感じで
今週の月曜にパパと連れて行ったときと雲泥の差。
私の膝におとなしく寝ている。

ハビさんを毎日点滴に連れて行った日々とかぶる。。。(>_<)

体温が37.4分、昨日より低い。
全体に弱ってるのは事実。
おとなしく注射させて、そのままのドライブもずっと膝でおとなしい。

秋ヶ瀬に行き、抱っこで田んぼ散歩。
レイラさんのガス抜きをしたかったのと
サラがどんな顔になるか。。。

しかし意識レベルはかなり悪くて
立たせても歩かない。
ぽーーっとしている。

三ツ池広場に連れていき、草を投げると。。。
すごっ
ワンワン吠えて反応。
すごい覚醒。

ほんとに好きなんだね~~ビックリ。
しかも勢いでレバーポーロをパクパク。
おーー食欲久しぶり。
といっても数粒だけどね。

そしてすぐにスイッチがオフになってしまう。

それでも日向ぼっこは気持ちよさそうで
横でレイラさんもガンガンとボールレトリーブをして楽しそう。

ああ、なんかハビさんのときのデジャヴだよ。(T T)

帰宅して、何度かに分けて水を吸い飲みで飲ませる。
まだなんとか尿が出るので・・・それだけが期待の細い糸。

夜になってずっとスヤスヤ寝ていたサラがびくっと立ち上がる。
すごい眼圧で目玉が飛び出そう。
ロボットみたいに歩いて、ゲボっとしたい動きなのだが
一滴の水も吐き出さない。
しかも口をものすごく噛みしめていて
歯茎から血が流れていた。

それぐらい力を入れて苦しいのを我慢しているみたい。

体じゅうをマッサージしてたら少しずつ弛緩した。
毎晩夜中にも確かに何度かベッドを出ていくのだけど
こうなっている気がする。
ベッドに戻ってくるとずっと撫でているのだが
ちらと顔を見ると目が開いてる気がしていたのはこれか。

ハビのときとは様々な形で症状が違うので
まだ戸惑うばかり。

あと2日で誕生日なのだけど。
12歳、迎えたいね。。。


----------------------------
I 獣医
補液
吐き気止め、ステロイド剤注射
3000円
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-03 22:31 | 症状・数値・サラ  

11/2 のサラ

昨日は丸一日、食欲ゼロで何も食べず。
ガクンと体力が落ちたように見える。

こんこんと眠り、意識レベルがイマイチ。

午後の部でI獣医でブドウ糖を注射してもらうつもりで
一日の皮下点滴量を半分の120mlにとどめることにした。
なんか点滴自体も入りにくいし・・・
 
午後の部で注射してもらおうとすると、すごく痛がるサラ。
先生いわく、毎日の皮下点滴量が多すぎて吸収されずに残った分
皮下で痛みになっている、ということ。
ぷよぷよしてる部分がなくなったように感じられても
あちこちに散らばった水分は吸収されずに残ってしまうのか。。。

自宅での輸液のむずかしさを痛感。
痛くさせて、ごめんサラ。

エネルギー補充で元気になって。

---------------------
I 獣医 
補液 90ml
注射 2500円
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-03 22:18 | 病院・サラ  

11/1 のサラ

昨夜は一度もハアハアすることも嘔吐することもなく夜が明けました。

よかったねーーー

その分、、、私のベッドにはぐっしょりと( ̄∇ ̄ ;)
嘔吐が始まる前は毎晩おねしょでしたから
戻った、ということか。

獣医さんに電話で状況を報告して
確認をいくつか。
ちょっと体温が低い気がするので
念のため測ったけど37度5分。
まあ、やや低めかな。
もとがすごい発熱体なので、心配。
昨夜は循環が悪かったのか、ちょっとヒンヤリ感じたので。

10時半頃にいつもより遅めの皮下点滴をしたら
ちょっと皮の厚いところにはいってしまったのか
時間がかかってしまった。

無事に終了後、なんか楽になったのか??
1階に走り下りたり、元気そう。
と思ったら今度はガチガチ震えだし、
吐くのを我慢してる呼吸になってきたので
1時間くらいマッサージをしていたら、やっと落ち着いた。

なんだったのかな。

やっぱり油断はできないのだよね。
ちょっといい感じに見えると嬉しくなっちゃうけど
腎臓が働いてないのはわかっているのだから・・・

体力を維持し続けて
少しでも尿毒症を改善したら
そのまま生きていけるのだろうか。
[PR]

by herbiehancockjr | 2012-11-01 19:26 | 症状・数値・サラ