最期の2週間 その2

最後の1日 11月3日
注射をしてもらうため病院に行き、そのまま秋ヶ瀬に散歩。
車の中も田圃道も、ずっと私が抱いていた。
こんなにサラを抱いていたことは赤ちゃんの時以来初めてかもしれない。
サラはマイペースで、抱っこされるのは好きだけど、気まぐれにプイっと降りたがるから。

サラが病気犬らしかったのはわずかにこの数日間だけ。
その間でさえ、点滴して3時間くらいするとちょっと元気になり、
毎日ちゃんと猫の監視をしに1階に下りて窓際から外を見つめたり、庭に出たがった。

いつものサラだった。

階段の上り下りをさせないように柵を閉めてもすり抜けていた。

秋ヶ瀬散歩はほんとに行けてよかったね。
サラがサラらしく草投げにこーふんする姿を見ることができたし、
疲れちゃって休んでていてもこんな風に穏やかな隠居生活ができるなら続いてほしいと願った。

c0141337_11374354.jpg


c0141337_11382759.jpg


c0141337_1139527.jpg


レイラが何よりうれしそうだった。
大好きなサラねーちゃんがそこにいて、
時々起きてワンワン吠えてるの聞いて、レイラのほうが大興奮してたもの。

午後は秋ヶ瀬散歩から帰ってから、ソファで私とパパの間にはさまり、
安心するように穏やかに眠っていて、
パパの誕生日祝いのケーキを見て嬉しそうに生クリームをなめた。
サラの誕生日ケーキも生クリームいっぱいにしたら食べてくれるかな? と考えた。
5日が誕生日だけど、もしも実現しなかったら嫌だったので、
前倒しで明日ケーキでお祝いしちゃおうか、なんてパパと話した。

More
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:05 | 道すじ  

無我夢中の20日間、その中でも2週間

サラが急性腎不全になってから、こちらに適宜覚書を記してきましたが
心の整理のために
まとめて書いてみようと思います。

お暇なときに読んでください。

c0141337_11474110.jpg


More
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-11-06 12:00 | 病院  

11/3 のサラ

今日は午前中に獣医さんで注射。

心拍がやや弱っている感じで
今週の月曜にパパと連れて行ったときと雲泥の差。
私の膝におとなしく寝ている。

ハビさんを毎日点滴に連れて行った日々とかぶる。。。(>_<)

体温が37.4分、昨日より低い。
全体に弱ってるのは事実。
おとなしく注射させて、そのままのドライブもずっと膝でおとなしい。

秋ヶ瀬に行き、抱っこで田んぼ散歩。
レイラさんのガス抜きをしたかったのと
サラがどんな顔になるか。。。

しかし意識レベルはかなり悪くて
立たせても歩かない。
ぽーーっとしている。

三ツ池広場に連れていき、草を投げると。。。
すごっ
ワンワン吠えて反応。
すごい覚醒。

ほんとに好きなんだね~~ビックリ。
しかも勢いでレバーポーロをパクパク。
おーー食欲久しぶり。
といっても数粒だけどね。

そしてすぐにスイッチがオフになってしまう。

それでも日向ぼっこは気持ちよさそうで
横でレイラさんもガンガンとボールレトリーブをして楽しそう。

ああ、なんかハビさんのときのデジャヴだよ。(T T)

帰宅して、何度かに分けて水を吸い飲みで飲ませる。
まだなんとか尿が出るので・・・それだけが期待の細い糸。

夜になってずっとスヤスヤ寝ていたサラがびくっと立ち上がる。
すごい眼圧で目玉が飛び出そう。
ロボットみたいに歩いて、ゲボっとしたい動きなのだが
一滴の水も吐き出さない。
しかも口をものすごく噛みしめていて
歯茎から血が流れていた。

それぐらい力を入れて苦しいのを我慢しているみたい。

体じゅうをマッサージしてたら少しずつ弛緩した。
毎晩夜中にも確かに何度かベッドを出ていくのだけど
こうなっている気がする。
ベッドに戻ってくるとずっと撫でているのだが
ちらと顔を見ると目が開いてる気がしていたのはこれか。

ハビのときとは様々な形で症状が違うので
まだ戸惑うばかり。

あと2日で誕生日なのだけど。
12歳、迎えたいね。。。


----------------------------
I 獣医
補液
吐き気止め、ステロイド剤注射
3000円
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-11-03 22:31 | 症状・数値・サラ  

11/2 のサラ

昨日は丸一日、食欲ゼロで何も食べず。
ガクンと体力が落ちたように見える。

こんこんと眠り、意識レベルがイマイチ。

午後の部でI獣医でブドウ糖を注射してもらうつもりで
一日の皮下点滴量を半分の120mlにとどめることにした。
なんか点滴自体も入りにくいし・・・
 
午後の部で注射してもらおうとすると、すごく痛がるサラ。
先生いわく、毎日の皮下点滴量が多すぎて吸収されずに残った分
皮下で痛みになっている、ということ。
ぷよぷよしてる部分がなくなったように感じられても
あちこちに散らばった水分は吸収されずに残ってしまうのか。。。

自宅での輸液のむずかしさを痛感。
痛くさせて、ごめんサラ。

エネルギー補充で元気になって。

---------------------
I 獣医 
補液 90ml
注射 2500円
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-11-03 22:18 | 病院・サラ  

11/1 のサラ

昨夜は一度もハアハアすることも嘔吐することもなく夜が明けました。

よかったねーーー

その分、、、私のベッドにはぐっしょりと( ̄∇ ̄ ;)
嘔吐が始まる前は毎晩おねしょでしたから
戻った、ということか。

獣医さんに電話で状況を報告して
確認をいくつか。
ちょっと体温が低い気がするので
念のため測ったけど37度5分。
まあ、やや低めかな。
もとがすごい発熱体なので、心配。
昨夜は循環が悪かったのか、ちょっとヒンヤリ感じたので。

10時半頃にいつもより遅めの皮下点滴をしたら
ちょっと皮の厚いところにはいってしまったのか
時間がかかってしまった。

無事に終了後、なんか楽になったのか??
1階に走り下りたり、元気そう。
と思ったら今度はガチガチ震えだし、
吐くのを我慢してる呼吸になってきたので
1時間くらいマッサージをしていたら、やっと落ち着いた。

なんだったのかな。

やっぱり油断はできないのだよね。
ちょっといい感じに見えると嬉しくなっちゃうけど
腎臓が働いてないのはわかっているのだから・・・

体力を維持し続けて
少しでも尿毒症を改善したら
そのまま生きていけるのだろうか。
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-11-01 19:26 | 症状・数値・サラ  

10/31 のサラ

昨夜は0時半頃、自主的に水をがぶがぶ飲みにいったので
吐かないかなーとドキドキ。
1時半くらいにやっぱりきた。

嘔吐は1回だけ。
そのあとはピンチになりながらも、なでなでしていたら
収まってくれたので、きのうよりずっとよく寝てくれたかも。

朝イチで吐くこともなかった。
また8時過ぎに皮下点滴。
今日はパパがチャレンジ。
まだまだ慣れないので色々喧嘩しちゃうけど(汗)

とにかく点滴できるってありがたい。
サラが無駄な体力消耗しないのが一番、
昼くらいにはまた食欲も出てきてクッキーを食べた。
おかゆなどは見向きもしてくれない^-^;

このまま一日嘔吐なく、今21時半。。。
嬉しいぞ~~
またクッキーを食べて、電解質水を飲ませて。

このまま何事もなく眠れたらいいね^^.

c0141337_21351218.jpg

[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-10-31 21:27 | 症状・数値・サラ  

10/30 のサラ

昨夜は20時ころに濃い胃液を吐いた以降
とりあえず穏やかだったのが
布団に入った0時過ぎから
はぁはぁと気分が悪そうになるので
腕に抱いてひたすら体をなでた。

少し落ち着くが、また動き出す。
ついに3時過ぎ、吐きだした。

そのあとは自分から水を飲みに行き
それが呼び水となったか、朝方までに10回くらい嘔吐していた。
すごく濃い茶褐色の胃液。

私のベッドも胃液だらけ(汗)
でもとにかく辛そうで、かわいそうで、収まるように祈るのみ。
小さな体が苦痛に震えて何度も吐く姿はほんとにつらい。
頑張れとは言えないので
「大丈夫だよ」と声をかけ続ける。
クレートには不安がって入ってくれないので、いっしょに寝るしかない。
やっと5時ころから寝てくれた。。。

という長ーーい夜が明けて
病院にはいかず、自宅で皮下点滴断行。
昨日習ったことを覚え書きに書いてハビパパとともに
復唱しながらやることをチェック。
さすがにサラに針を刺すときは躊躇したが、うまくできた。
サラもおとなしくしていてくれたので、点滴そのものは10分くらいで終了。

日中はハビパパがずっとソファで添い寝ならぬ
添い仕事をしてくれたので穏やかに休んだ模様。
昼頃にはウィダーインゼリーを少し、カロリーメイトクッキーを少し食べたという。
丸一日ぶりの飲食。

そして私が帰宅した後、一度だけ17時半頃に嘔吐したけれど
昼に食べたものは消化していたし
その後は一度も吐かない。
このまま夜もぐっすり眠れたらどんなにいいか。。。

やはり車の移動がないことはストレスの軽減になったようだ。
明日も朝、出勤前に皮下点滴する予定。
無事に朝を迎えよう。。。
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-10-30 22:45 | 症状・数値・サラ  

10/29 のサラ

今朝も早朝と7時ころに3回くらい胃液を吐いた。
朝が一番気分悪そう。

なので朝一の獣医さんで今日も注射。
自宅でできる点滴の話を相談したが
こちらはやはりNOという返事。

リンゲル液を渡すのは構わないけど
薬の注射はさせられない、それがなくていいのか、ということなので
ブドウ糖液とリンゲル液、それにステロイドと吐き気止め、利尿剤を注射してくれる
近所の獣医さんがあるか、という話。
もちろん料金的にも折り合いついて。。。

うちの近所には2キロ以内に6件くらい獣医さんがあるのだけど
この15年・・・ハビと暮らし始めた後になって出来たところばかりで
我が家のかかりつけはないのだ。
そしてすごくいい評判、というのも聞かない(汗)

こういう時に困っちゃうね。

ハビさんの主治医はいいのだけど高いのだ(汗)
いろいろ悩んだ挙句、D病院の「自宅で点滴」魅力にあらがえず
病院をハシゴして行ってきた。
治療方針をすりあわせて、今週はなんとか自宅点滴で毒素を薄める、
そのための移送時間というストレスをなくす、という二本立てでいってみる。
まずはパパが自宅仕事できる3日間、自宅点滴をためして
その様子次第で週末にまたI 医師の注射を受ける。

その間食べられるなら薬を飲ませるように錠剤はもらってあるし
点滴に吐き気止めが入れてあるので
最悪、点滴の価値はある。

何がサラを回復させてくれるか
目に見えて悪化、あるいは改善がわかればしめたもの。
とにかくトライ!!!
まだまだサラの生命力は強そうです。
頑張ります d(^-^)b
[PR]

# by herbiehancockjr | 2012-10-29 14:03 | 病院・サラ